WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『PK』伊坂幸太郎 3/18~3/24(2013)

pk_01.jpg

デビュー作品である『オーデュボンの祈り』を読んでから、お気に入りになった作家さん。その伊坂幸太郎さんの21作品目となるのが今回紹介する『PK』です。

デビュー作から順に読み進めているため、ようやく21作目にたどり着いたか、と感慨深いものがあります。

本書は、「PK」「超人」「密使」の中編が三作掲載されているSF的要素の強い作品です。「魔王」「モダンタイムス」が好きな方には特におすすめです。独特の世界観を描くも、著者の伝えたいことが"じんわり"と伝わってくるようで、感動すら覚える作品でした。

特に私の心に響いたのは、

「臆病は伝染する、そして勇気も伝染する」
という言葉。これだけ聞くと、「それで?」と思われるもしれませんが、本書を読んだ後にこの言葉を聞くと、「よし!自分を信じて困難に立ち向かおう!」という気持ちになれます。

ビジネス書ばかり読まずに、文学小説も多く読んでいこう、と思える作品でした。

『PK』
著者伊坂 幸太郎
価格1,260円
単行本226ページ
出版社講談社
発売日2012/03/08



●コーヒーを買ったはずがコカ・コーラ ゼロって!

coca-cola_01.jpg

最近、寝不足が続いているので、朝にコーヒーを飲んでいるのですが、つい先日、いつものように自動販売機で缶コーヒーを購入しようとボタンを押すと、中から出てきたのがコカ・コーラ ゼロ。

買いたかったコーヒーとコカ・コーラ ゼロのボタンはかなり離れた位置にあるので、押し間違えたとは思えません。そのため、自動販売機側に問題があると思うのですが、どうしようもなく、そのままコカ・コーラ ゼロを飲むことに。

朝からこのショックは大きかったですね。おかげで目は覚めましたけど。


●英語学習

English-record_11.jpg

一昨日から読み始めた本、『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法』に触発されて、昨日から英語学習を再開しました。

「試験で結果を出すには過去問から手をつけるべき」と紹介されていたことから、早速、『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉』をAmazonで発注。この週末にでも時間を作って挑戦しようと思います。


●読みたい本

『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』
著者河野 英太郎
価格1,470円
単行本208ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日2012/03/12


『それをお金で買いますか - 市場主義の限界』
著者マイケル・サンデル、Michael J. Sandel
価格2,200円
ハードカバー336ページ
出版社早川書房
発売日2012/05/16

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「PK」伊坂幸太郎

その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂幸太郎が見ている未来とは。中篇「PK」「超人」「密使」からなる未来三

粋な提案:2013/07/05 Fri 14:58

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。