WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

research_01.jpg

山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、一般的に広く認知されるようになったiPS細胞。しかし、私は名前を知っている程度で、どのような細胞なのかをまったく知りませんでした。

『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』

そこで今回は、iPS細胞についての簡単な説明と、山中教授のような研究者になるためには何が必要か考えてみたいと思います。

iPS細胞について

●iPS細胞とは

iPS細胞は、日本語で「人工多能性幹細胞」といい、「高い増殖能力」と「高い分解能力」という2つの大きな特徴を持っています。

「高い増殖能力」とは、その名のとおり、一個の細胞でも培養することで、十個、百個、千個、一万個という具合に、どんどん増やしていくことができる能力です。
「高い分解能力」とは、iPS細胞にさまざまな刺激を与えることで、筋肉、神経、心臓、肝臓など、二百種類以上ある細胞を作りだすことができる能力です。

また、細胞をiPS細胞に変えた時点でいったん細胞寿命がリセットされ、赤ちゃん時代の細胞の状態に戻ります。しかも、特殊な細胞ではなく、皮膚などの細胞からiPS細胞は生み出せるのです。

つまり、iPS細胞があれば、与える刺激によって好きな細胞を作ることができる。しかも、赤ちゃん時代の細胞に戻るため、健康な細胞を作ることができるというメリットがあるのです。

●iPS細胞に期待されていること

iPS細胞に期待されている一つは再生医療です。たとえば、心臓移植の代わりに、iPS細胞からつくった心臓細胞を使って、患者さん自身の心臓細胞を大量に作りだし、患者さんに移植して治療する、といったことです。

他にも、iPS細胞から難病の病態モデルを作り、病気の原因を解析をする。そして病気の進行を食い止める薬の開発やその副作用を確かめる、といった分野にも期待されています。

iPS細胞の研究が進むことで、想像以上に長生きできる時代が来るかもしれません。

研究者として成功するために必要な条件とは

●他人の後追いをするな

誰かの二番煎じ、三番煎じの研究をするな

他の人が成果を出した研究を少しアレンジして、自分の成果として発表するような研究スタイルをとるなということです。

成果が出ている研究の後に続けば成功する可能性は高くなりますが、画期的な研究にはなりません。つまり、リスクを恐れる研究スタイルではダメだということです。

理論的に可能であれば、いずれ実現できます。多くの人が絶対に無理だと思うようなことでも必ずできるようになるのです。リスクをとってでもオリジナリティある研究に挑戦していくべきです。

●VWが大切

VWさえ実行すれば、君たちは必ず成功する。研究者にとってだけでなく人生にとっても大切なのはVWだ。

VWとは、ビジョン(Vision)とハードワーク(Work hard)のことです。

研究のビジョンとは仮説です。こうすれば課題が解決するという仮説を立てることです。そして、立てた仮説が正しいか、誤っているかを見極めるために、ハードワーク、つまり一生懸命に働く、ということです。

仮説と検証。これは何をするにしても大切です。普段の生活から習慣づけていきたいと思います。

●他人の3倍努力する

ほかの人が一日一つしかやらないことを三つやれば三倍速く実験ができるだろうと工夫を重ねたのです。

他の人と同じ努力ではダメだということです。他の人が1つやれば、自分は3つやる努力をすべきだということです。

周りと同じかそれ以上の努力をしているとついつい安心してしまいがちですが、圧倒的な結果を出すためには、そんなことで満足していてはダメなのです。周りと比較して安心せず、3倍頑張ってようやく一人前だと考えるようにしたいと思います。

最後に

iPS細胞はこれからの高齢化社会に大きな貢献をする細胞だとわかりました。また、iPS細胞を作製した山中教授は想像していた以上の努力家であり、私もこのままではやばいと刺激を受けました。少しでも山中教授を見習って努力したいと思います。

◆参考にした本の紹介

『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』
著者山中 伸弥、緑 慎也
価格1,260円
単行本194ページ
出版社講談社
発売日2012/10/11

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。