WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接当日でも出来る!「あなたのイメージ」と「転職先のリアル」のギャップを埋める5つの方法

job_change_01.jpg

転職するには勇気が必要です。知らない世界に足を踏み入れるので当然ですよね。しかし、面接当日になっても、「本当に転職して大丈夫だろうか?」という不安を拭うのは難しいのではないでしょうか。

そこで今回は、面接当日でも出来る「あなたのイメージ」と「転職先のリアル」とのギャップを埋める5つの方法を紹介したいと思います。

①転職で何を達成したいのかをイメージする

「今の仕事が嫌だ!面白くない!変わりたい!」と思って転職したのに、転職前よりダメな環境なってしまった。という話はよく聞きますよね。これは、転職することで何を達成したいのかを具体的にイメージしていないからです。

たとえば、やりたかった仕事がしたい、もっとレベルの高い仕事がしたい、収入を増やしたい、環境をよくしたい、プライベートを充実させたい・・・など、いろいろありますよね。

面接を受ける直前までに、もう一度何を達成したいのかをはっきりさせておきましょう。これをはっきりさせておかないと、転職したところで同じ悩みにぶつかってしまいますよ。

②具体的な仕事内容を確認する

人はあいまいなことは自分の都合のいいように捉えてしまいます。たとえば、「次世代プラットフォームの開発」が仕事だと聞くと、なんとなく「カッコいい!」「やってみたい!」と思いませんか?

ところが実際に入社してみてビックリ!やることは決まってない、仕事もない、ただひたすら仕様書を読むことが仕事・・・。そんなことが現実に起こりえるんです。

もちろん、採用する側にも問題があるのですが、それを言ったところで何も解決しません。そこで、あらかじめ自分のイメージと現実とのギャップを埋めることが重要になります。

そこで、採用面接では次のような質問をするようにします。

  • 実際に入社したら、どの部署に配属されるのか
  • 誰の下で仕事をすることになるのか
  • 何人くらいのチームで仕事をするのか
  • 何を担当することになるのか
  • 担当する業務は外部への委託を指示するのか
  • それとも自分で手を動かすのか
・・・などなど。

とにかく気になる内容は明確にしておくべきです。もし、「入社してから相談しましょう」と答えが返ってくるようであれば、「あなたにどんな仕事をして欲しいのかを会社側がイメージできていない、つまり、なんとなく採用しようとしている可能性が高い」ので注意が必要です。

③面接官との相性を大切にする

採用面接となると、どうしても緊張してしまいますよね。なかには「緊張しすぎて何を話したかさえ覚えていない・・・」という人もいるくらいですから。

もちろん、緊張しないことも大切なのですが、それよりも重要なのは面接官との相性なんです。実際に、面接官の一人が入社後に直属の上司になることが多いからです。

なんとなく「相性がよくないなぁ」と思ったら要注意です。入社後も、その相性の悪さを我慢することになりますよ。

④待遇を確認する

給料や残業時間、有給休暇の取得実績や職責など、気になる待遇は確認しておきましょう。入社してから「え!こんなに給料が下がるの!」とか、「こんな残業しないといけないの!」なんてことがわかると、それだけでモチベーションが下がってしまいますよね。

あらかじめ知った上で入社するかどうかを判断すべきです。

⑤職場環境を見せてもらう

職場環境がよくないとモチベーション下がりますよね。

たとえば、机やイスがボロかったり、電話がPHSじゃなく固定電話だったり、パソコンがノートパソコンじゃなくデスクトップだったり、社員食堂がまずかったり・・・と、ちょっとしたことですが、イメージと違うとモチベーションは下がってしまいます。

そこで、職場を少しだけ見せてもらえるように頼んでみましょう。案外、見学させてくれる会社も多くありますよ。

最後に

いろいろ手をつくしても「運」に頼るところが大きいのが転職です。しかし、少しの努力で「自分のイメージ」と「転職先のリアル」とのギャップを埋めることができれば、それに越したことはないですよね。

ぜひ、イメージどおりの転職先を見つけましょう!

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。