WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てに必要なのは「アメとムシ」

son_02.jpg

子育てをして改めてわかったことは、子供は想像以上に「親の言うことを聞かない」ということです。うちの1歳8ヶ月になる息子は、叱っても、怒っても思うがままに振舞っています。

『シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術』

本書には、相手を思い通りに動かす方法など、実生活に役立つ心理学が多数紹介されています。そこで今回は、この心理学を子育てに応用する方法について考えてみたいと思います。

心に浮かんだ感情をすぐ言葉にしない

怒りや悲しみに任せて出てきた言葉は、自分の本心とはほとんど無関係のことが多いものです。ケンカのときほどグッとこらえて、「言葉にしないで」一晩寝かす。

子供相手でも腹が立つことはあります。しかし、怒りの感情をそのまま子供にぶつけてはいけません。ましてや、子供を傷つけるような暴言を吐いてはいけないということです。

まだ言葉が話せない赤ちゃんでも、こちらの言うことを理解しています。うちの息子は怒れば怒るほど、笑顔で接してきます。そして、こちらが笑顔になると安心して遊びはじめます。これでは、どちらが親かわかりませんよね。

子供相手に腹立たしいことがあっても、グッとこらえる。それが親としての務めだと思うのです。

「アメとムチ」ではダメ

ムチ=罰があるとトライすること自体を怖がり、まったく動かなくなってしまったのです。人間に対しても、失敗したときは敢えてムシ(怒ったりしてはいけません!)、成功したら思い切りほめる。

昔から「アメとムチ」をバランスよく使うことが子育ての基本だと言われてきましたが、ムチ=罰があるとと子供は萎縮し、試行錯誤すること、挑戦すること自体をやめてしまいます。そのため、基本的には思い切りほめて育てることが大切だということです。

ほめて育てると甘ったれた人間になるからダメだという考えもあると思いますが、人間は「ほめられた」「認められた」経験が多いものを自分の好きなこと、得意なことであると認識しています。そのため、罰を与えることはその芽を摘み取っていくことに他なりません。

しかし、まったく叱らないわけにもいきません。そのときは、ただ叱り飛ばすのではなく、成長するためのヒントをあわせて与えるようにすることが大切です。

「アメ」をさらに効果的にする方法

成功したときに毎回アメ=ごほうびを必ずあげるのではなく、敢えてときどき抜く。すると、相手はよけいに頑張って、あなたのためにもっともっと努力するようになるのです!

子供が何をしてもほめる親がいます。これでは甘ったれた人間になってしまうため、まずは「ほめる」ことに意味を持たせるべきです。

たとえば、できて当たり前のことはほめない、新しくできるようになったことのみをほめる、というように。その上で、数回に1回、いつもほめてもらっていたことがほめられない状態を作ることで「アメ」の効果を倍増させることができるということです。

子供をやる気にさせるタイミングと頻度を考えてほめることが大切です。

最後に

親は子供の成長を願って、怒ったり、叱ったりするのですが、かなりの割合で自分の感情をぶつけているだけではないのか、と反省する機会になりました。子供の成長を願うならば、まずは親自身が成長しないといけませんね。

◆参考にした本の紹介

『シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術』
著者植木 理恵
価格380円
文庫本184ページ
出版社新潮社
発売日2011/06/26

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。