WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのブログは対応済み?寂しいブログを賑やかなブログに変える5つの方法

family_01.jpg

「よし!面白い記事が書けた!これで訪問者数が増えるはずだ!」

ところが、次の日に訪問者数を確認してみると、まったく増えていない。しかも、「面白い記事」と思って投稿した記事が、まったく読まれていない。そんな悲しい現実に悩まされていませんか?

『目立つ力』

そんな寂しいブログを賑やかなブログに変える方法が本書には紹介されています。そこで今回は、あなたのブログを賑やかにするための5つのチェックリストを紹介したいと思います。まだチェックしていない方は是非!

人が面白いと思う記事を書く

「当たり前だ!」と怒られるかもしれません。しかし、この「当たり前」に気づくのが意外にも難しいのです。

実際に、私も「あなたの記事は面白くない!」と奥さんに言われるまでは、「かなり面白い記事を書きまくっている」と勘違いしていました(笑)

自分が得意と思うものと人が聞いたり読んだりして面白いものは違う。

そのため、読者の反応を注意深くチェックすることが大切になります。Google Analyticsなどのアクセス解析や、友人・知人の感想を聞くことで、面白いと思ってもらえるコンテンツを発掘しましょう。

役に立つ情報を載せる

その記事を読むことで、「何ができるようになるの?」「何がわかるの?」というゴールを明確にすることが大切です。いくら無料で読めるとはいえ、読者に得した気分を味わってもらえないと「時間のムダ!」とばっさり切り捨てられてしまいます。

そして、役立つ情報とは、

とてもディテールに踏み込んだマニアックな情報か、あるいは最先端の情報。
です。テレビでも「ほこ×たて」や「アメトーーク」のように、マニアックな情報を取り上げている番組は視聴率もいいですよね。ブログでも同じです。

「読んで役に立った!」といってもらえる情報を記事にしましょう。

読者を想定する

誰に向かってその記事を書いているか、を明確にすることは大切です。たとえば、家族ですら興味がまったく違いますよね。

たとえば、私の奥さんのは「料理」「子育て」「簿記」に興味があります。私の息子は「車」「電車」「トミカ」「オフロスキー」に興味を持っています。私は「ブログ」「読書」「キャリアデザイン」「ゲーム」です。

どうです?同じ記事を書く場合にでも、誰に向かって書くかを意識するだけで、まったく違う記事になると思いませんか?

自分らしい記事にする

記事を書くときに、かしこまっていませんか?数ヶ月前の私はそうでした。

文章をかっこよくして、内容もかしこそうにみえるようにして・・・といった具合に。自分らしいというよりは、「こうあるべきだ!」という呪いのようなものに縛られていました(笑)

コンテンツを読むとなぜかその相手をよく知っていて、まるで身近なタレントと錯覚してしまうような魅力をブログで醸し出すことも可能だということです。

それには、自分らしさを出すしかありません!自分の経験や感情を大切にすることが大切ですね。当ブログの記事、

にも、自分の意見や感情を大切にすることが重要だと紹介しました。

ブログ以外も楽しむ

「ブログの中だけ魅力的だ!」という状態をつくりだすのは難しいです。ブログは活動した結果をアウトプットする場なので、ブログ以外に楽しいと思えるインプットを多くつくらなければ、良いアウトプットはできません。

しかも、それは特別なことではなく、日常のなかで「楽しい!」をつくることがポイントです。

より日常的な気軽な気づきを共有し、そこに共感をもたらす方が、ブログらしいということです。

ブログを楽しく、充実したものにするためにも、普段の生活を楽しい!と思えるように変えていきましょう。

最後に

訪問者が増えない理由はいろいろあるでしょうが、まずは「自分自身が楽しくて仕方ない!」と思える状況をつくりあげましょう。そうすれば、より多くの人に読んでもらえる、賑やかなブログに変身できるのではないでしょうか。

参考にした本の紹介

『目立つ力』
著者勝間 和代
価格777円
単行本256ページ
出版社小学館
発売日2009/10/01

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。