30代からはじめるノマドライフ ― 「勇気をもって一歩を踏み出そう!」

business_01.jpg
生きることの達人は、仕事と遊び、労働と余暇、心と体、教育と娯楽、愛と宗教の区別をつけない。何をやるにしろ、その道で卓越していることを目指す。仕事か遊びかは周りが決めてくれる。当人にとっては、常に仕事であり遊びでもあるのだ。 (老子)

仕事か遊びか区別がつかない生活。憧れるけど、

「世の中そんなにアマくはない」
「会社員(主婦)だから関係ない」
「特別な人間だけができるんだ。私がやれば失敗するに決まっている」

とネガティブに考えてしまいがちです。しかし、実際にこのような生活をしている人も大勢います。

会社員でありながら小説家として有名なあの人、ブロガーとしてお金を稼ぐあの人、料理研究家として活躍するあの人・・・。彼、彼女たちとの違いはどこにあるのでしょうか。

会社員でもノマドライフはできる

先日、情熱大陸で朝井リョウ(作家)さんが取り上げられていました。
私は彼の本を読んだことはありませんが、『桐島、部活やめるってよ』という本の存在は知っていました。かなり売れていたのと、映画化もされていたので記憶に残っていたのかもしれません。

それはさて置き、彼は小説家として活躍しながら、会社員としても働いています。しかも、私と同じように朝9時から働くそうです。

「あれ?小説を書く時間は?」

「朝の7時から会社がはじまるまでの時間」と「仕事が終わってからの時間」を小説を書く時間にあてています。

そうなんです。会社がはじまる前、おわった後、ファミレスやファーストフード店などでパソコンを持ち込んで小説を書いているのです。
そして、このスタイル(特定のオフィスを持たず、時間や場所にとらわれない自分らしい働き方)こそがノマドライフなのです。

ノマドライフの実現条件①:心がワクワク感で溢れている

「いやいや。そんなこと言われても」
「ただでさえ仕事で疲れてるのに、他に仕事を持つなんてムリ」
「家に帰って、テレビでもみながらビールだな」

って思いますよね(笑)でも、本当にやりたいことなら、徹夜してでもやりたいと思うのではないでしょうか。
たとえば、あなたが過去に「徹夜してでもどうしてもやりたかったこと」を思い出してください。

・はじめてスーパーマリオブラザーズが家に来たあの日
・なんとしてでも成功させたかった学園祭の前日
・お世話になったみなさんを「喜ばせたい」という思いで過ごした結婚式の準備期間

どうです?テレビをみながらビールなんてどうでもよくなったんじゃないですか?

つまり、このアイデアを実現したい、この問題点を解決したい、この誤りを正したいなど、自分が使命と感じる何かで、心が燃えたぎっている必要がある。最初から熱意に溢れていなければ、貫き通すのは不可能だ。

ノマドライフの実現条件②:不安に負けない強さをもつ

最近では、ある年齢を超えた人たちを全員クビにしたり、自主退社に追い込む「追い出し部屋」が存在したりと、会社員としても不安は隣り合わせになっています。

しかも、これらは実力があるなしに関わらず、所属している部門や分野によって強制的に実行されるので、たまったものではありません。

ところが、いざノマドライフをはじめようとすると、

「この時間がムダになったらどうしよう」
「失敗したらどうしよう」
「恥ずかしい思いをするのはいやだ」

といった不安と戦うことになります。
しかし、会社員としての生活が安心か?と聞かれたら、安心とはいえないですよね。

人前で恥ずかしい思いをしたって、死ぬわけじゃないだろう。あがり性の人は、心配性なんだ。僕は人生、経営、恋愛ー。すべてにおいて、まったく心配しない。「失敗したらどうしよう」「他人にバカにされたら嫌だ」「否定されるのが怖い」とか、マイナスの思考をできるだけ排除する。悪いことは想像しても意味はない。

ノマドライフの実現条件③:クリエイティブになる

お金をもらうには、「価値」を提供する必要があります。
そして、「価値」を生み出すためには、クリエイティブであることが大切です。

でも、クリエイティブになるって難しそうですよね。
そんなあなたにおススメの17原則があるので紹介します。

・クリエイティブになろうと決める
・理性に従わない
・多くの解決法を探す
・楽しくばかげたことをする
・自分の考えを書きとめる
・自然にのびのびふるまう
・自分の考えを徹底的に分析する
・今、この瞬間に存在する
・自分の目標を決める
・基準からはずれた考え方をしてみる
・問題をチャンスととらえる
・規則や仮説を疑ってみる
・明白にみえるものを探求する
・決定を遅らせる
・リスクを冒す
・頑固になる
・あえて人と違うことをする

まずは、一つからでも挑戦していきましょう。

最後に

ノマドライフは「やる気さえあれば誰でも挑戦できる生活スタイル」です。
私もノマドライフとまではいえないものの、ブログに挑戦しています。ときどき、これでご飯が食べられたらなーって思いますが(笑)

では、最後にノマドライフを本格的に実現するための6つのフェーズを紹介したいと思います。

①ベースをつくる時期
仕事、営業、海外生活のノウハウ蓄積。
②方向性を模索する
悩み、いろいろ模索。ビジネスの種を蒔く。
③未来につながる実績を残す
1年で10年分ぐらい働く。ノウハウ完成、成果をあげる。
④転換期
デュアルライフ(複数のビジネスをもつ生活)のブラッシュアップ&ベース構築、人脈づくり。
⑤実践期
デュアルライフの実践・ノウハウ完成。
⑥シェアの時期
ノウハウを伝えて仲間を増やす。
私のブログは①~②のあたりをウロウロしています。そろそろ③に移らなきゃね!

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント