WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事が楽しくなる11のレシピ

business_01.jpg

仕事が楽しくないことを他人や環境のせいにしてませんか?私はすぐに他人や環境のせいにしてしまうのですが、このままではいつまで経っても仕事は楽しくなりません。むしろ悪化していきます。

『ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」』

仕事が楽しくなれば毎日が楽しくなります。そんな楽しい生活を自分でつくり出していきましょう。

仕事が楽しくなる11のレシピ

1)働く目的を考える
働く目的が決まっていないと仕事をしていても面白くありません。人に設定されたゴールに向かい続けないといけないからです。反対に、自分がゴールを決めていれば、どんなに面白くない仕事からも学ぶことはたくさんあります。そして、目標に一歩ずつ近づいていけます。

2)問題を放置しない
問題が起きても多くの人は責任を取りたくないので放置してしまいます。しかし、問題は放置すればするほど、悪い結果となります。反対に問題に積極的に取り組むとチャンスが生まれます。なぜなら多くの仕事は問題を解決することに意義があるからです。

3)自分の言葉に責任を持つ
普段の何気ない一言が職場の雰囲気を変えることがあります。誰でもネガティブな意見をいう人にはあまり近寄りたくありません。反対にポジティブな意見をいう人には人が集まります。自分の言葉が環境を決めているのです。

4)決められたルールを守る
決められたルールが守れなければ、仕事で結果を出していても信用を失います。そして、信用がない人には仕事は任せられません。他の人に迷惑がかかるからです。そのため、仕事ができる、できないよりも周りから信用されているかどうかが大切になります。遅刻ぐらいと思って侮らないように。

5)真面目に仕事をする
上司に信頼されるとは、頼りにされ、すべてを任せられる状態です。では、信頼されるにはどうすればよいでしょうか。ルールを守り、真面目に働くことです。いくら結果を出しても不満ばかり言っていれば、人は離れていきます。そのため、小さなことからでも信頼されるように心がけましょう。

6)言い訳をしない
「だって」「でも」などと言い訳をはじめると、いつまでたっても問題は解決しません。それよりも、「なぜ」という原因を考えるべきです。そうすれば、問題解決に向けて進みます。

7)失敗を恐れない
失敗を恐れていては、いつまで経っても新しい価値が生み出せません。そして、失敗を恐れるあまり、新しいことに挑戦しなくなると、自分の成長はそこで止まってしまいます。「失敗は成功のもと」ということわざもあるように、失敗を恐れず自分のゴールに向かって突き進むべきです。

8)出過ぎた杭になる
出る杭は打たれますが、出ない杭は腐ってしまいます。そして、中途半端に出た杭は潰されてしまいます。ならば、出すぎた杭になればいいのです。飛びぬけた結果を出して、必要とされるようになればいいのです。具体的な目標をまわりに宣言し、有言実行していけば、出すぎた杭になれます。

9)言葉にして伝える
やりたいことがあっても、周りに伝えなければわかってもらえません。いつかわかってもらえると待ち構えていても何も変わりません。自分の思いがあるなら声に出すことが、はじめの一歩です。

10)まずは会社の求める結果を出す
自分の要望を通したければ、まずは会社の求める結果を出す必要があります。そうしなければ、わがままを言う子供となんら変わりがありません。誰が何を言おうと結果を出す。話はそれからです。

11)ありがとうを言う
全世界共通で、何度言われても嫌な思いをしないたった一つの言葉。それが「ありがとう」です。働きやすい職場には「ありがとう」があふれています。他人が言わなければ、自分からはじめればいい。そうすれば、きっと楽しい職場に変えていけます。

最後に

主体者は、他人ではなく、あくまでも自分です。他人や環境のせいにしはじめたら、自分自身に問いかけてみてください。大切なことを忘れているのでは?と。

◆参考にした本の紹介

『ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」』
著者福島 雄一郎
価格1,260円
単行本176ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日2009/01/18

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。