WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「面白い!」と思わせる記事を書くための3つの法則

laugh_01.png

「面白い記事」と「面白くない記事」の違いを考えたことはありますか?私はブログをはじめた頃から、この違いについてずっと考えてきたのですが、ようやく一つの答えが見つかりました。

『賢い人ほど失敗する』

本書は、ムーニーちゃんやソフィでお馴染みのユニ・チャームを築き上げた高原慶一郎さんの「人生論」が書かれています。意外にも、本書を読んで「面白い記事を書く方法」を見つけることができました。

心が揺さぶられているか

cry_01.png
感動する心の乏しい人の人生は砂漠のようでしょう。感動を伴わない仕事は不毛であり、感動の込められていない商品は売れず、感動の不足した経営は社会に受け入れられません。

私のブログはビジネス書の書評を中心に構成しています。そして、読んだ本は「とにかく記事にする」ことを半ば強制的に決めていました。

ところが、1冊読み終わっても「まったく心に響かない」こともあります。その場合、記事にするのがとにかく難しい。今まではどうかに考え抜いて記事にしていたのですが、それがいけなかった。

当たり前のことですが、自分が感動していないことで他人を感動させることなんてできません。反対に、自分が感動していれば、どんなに興味がない人でも、「そんなに良いものなの?」って心が動くはずです。

だから、まずは自分が感動する。そして、感動していないものは紹介しない。こういうスタンスを取るべきだと気づきました。

むずかしく考えない

easy_01.png
まっすぐに取り組んで、むずかしく考えない ― これは伸びる人間の大きな条件の一つだと思います。いたずらに考え込むのは、事態を悪化させることはあっても好転させることは少ないものです。こういうふうにもできたはずだと、あれこれ思い悩むのは最悪に近い行為なのです。

どこかで自分を賢くみせたいと思っていたのかもしれません。率直に自分が感じたことを言葉にすれば良いものを、有名ブロガーの書き方をまねて、「~だと思うのです」とか「~すべきです」とか偉そうに言っていました。

結局は、借り物の権威を身にまとって、「あーだ、こーだ」と言っていただけなんです。自分の考えなんてほとんど無い。

これはtwitterをはじめてわかったことなのですが、多くの人が名言をツイートしています。私も最初は興味深々だったのですが、今は正直うんざりしています。もう、わかったと。

とういことで、誰かの良い言葉で飾るよりも、自分の感動をそのまま言葉にして伝えることのほうが100倍大切です。難しく考えはじめたら、その記事は捨てさる。この覚悟で望みたいと思います。

飽きずにやり続ける

continue_01.png
えらぶって、物事をうまくやろうとしないことが大事です。それよりも大切なのは「とにかくやること」。理屈もなく、やることです。こんなつまらないことをよく飽きずにやるな ― あなたの周りに、人からそんなふうにいわれている人がいたら、その人こそあなたが真に恐るべき人物です。

にも書きましたが、他人に面白くないと判断されようが、好きだからやるというスタンスで望みたいと思います。

そして、面白い記事を書こうとするのではなく、自分が楽しめる記事を書く。『進撃の巨人』の作者も言ってましたが、読者が満足するマンガ(記事)を書くんじゃない。読者が望んでなくても、自分がやりたいマンガ(記事)を書くことに意味がある。

結局、ブログとは自己満足の世界なんでしょう。ただ、自分の思いを率直に突き詰めていけば、共感してくる人が必ず現れてきます。それを励みに、飽きずに更新し続けたいと思います。

最後に

ブログを書き続けてきてわかったことは、自分が楽しめないものは、他人も楽しめないということです。当たり前のことなんですが、自分ではなかなか気づきません。これからは、自分が感動した、心を動かされたことだけを記事にしていきたいと思います。

参考にした本の紹介

『賢い人ほど失敗する』
著者高橋 慶一朗
価格1,155円
単行本220ページ
出版社PHP研究所
発売日2012/03/16

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

-管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/26 Sun 01:10

TOSHI励ましのコメントありがとうございます!

コメントありがとうございます!

ブログを書くことで、いろいろ悩んでしまうこともありますが、ぜひぜひ楽しみながら運営していきましょう!

2013/06/08 Sat 17:34

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。