WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格を速攻でとるための勉強法

examination_01.png

最近、私のまわりで資格を取ろう考えている人が増えています。私自身もTOEIC試験に挑戦しようと考えていますが、どうすれば短期間で高得点が取れるのか悩んでいました。

『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法』

そこで今回は、資格を短期間で取得するための勉強法について、本書を参考に考えてみたいと思います。

今すぐに試験日を決める

calendar_01.png
「じっくり」と「だらだら」は似たもの同士。だらだら勉強すると、だらだら忘れていきますので、実は、時間を絞ったほうが効果が上がるパターンが多いと言えます。

「まだ何も勉強してないから1年後にでも受けよう」と言っている人で、その日から真剣に勉強をはじめている人をあまり見たことがありません。

私も経験があるのですが、試験日を先延ばしすることで優先順位が下がってしまい、試験に対するモチベーションまで下げてしまうことはよくあります。

受験やテストでも期限が決まっているからこそ、普段以上の努力をするのではないでしょうか。

そのため、これから勉強をはじめる場合でも、この日には絶対試験を受けると決意しておく必要があります。申し込みができるのであれば、すぐでも申請しておくべきなのです。

はじめに過去問を解く

writer_05.png
合格までに100段の階段があったら、今自分は何段目にいるのか、必ず把握しておきましょう。

まだ何も勉強していない状態で過去問を解くのは苦痛でしかありませんが、試験内容をあらかじめ知っておくことは、これから勉強をどう進めていくべきか、の指針になります。

私もTOEIC試験を受けるときに、「とにかくリスニングができるようになれば点数があがるはず」と過去問を一回も解かずにひたすらリスニングの勉強をしていましたが、結果はひどいものでした。

当たり前のことですが、試験内容を一番早く知る方法は「過去問を解く」ことです。勉強をはじめる前に過去問に挑戦することで、自分が得意なもの、克服しないといけないものが明確になります。

ちなみにですが、私がTOEICではじめに克服しないといけなかったことは「単語力」でした。なんて的外れな勉強をしてのだ、と反省しています。

繰り返し過去問を解く

writer_06.png
過去問は、定期的に繰り返すことで、意義が出てくるのです。

一度解いた過去問には二度と挑戦しない人も多いと思いますが、過去問は繰り返し挑戦することで身についていきます。

「答えを覚えてしまうから意味がないのでは?」と思われる方も多いでしょうが、一度解いただけで答えが覚えられているのであれば、試験でも同じように高得点が出せるはずです。

大抵の場合、多くの過去問に挑戦しても、同じようなミスを繰り返しているだけです。それならば、繰り返し同じ過去問に挑戦することで完全に自分のものにしたほうが、本番の試験でも成果が出せると思うのです。

「忘れたころに過去問を」「過去問は何度でも反復」が受験勉強の要です。過去問を重視すれば試験に短期間で合格できるのです。

最後に

資格試験やTOEICというと、学生時代とは別の勉強法が必要と勘違いしていましたが、過去問を繰り返しとくことで相手を十分に知ることが基本だと改めて理解できました。これからTOEICの過去問を繰り返し解くことで、高得点を取りたいと思います。

参考にした本の紹介

『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法』
著者篠田 恵里香
価格1,470円
単行本191ページ
出版社あさ出版
発売日2012/06/28

ソーシャルリンク

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。