WebStationビジネス書の書評を中心に、Webデザインなどの情報を紹介しています。
  • toshi@Twitter
  • Facebookページ
  • RSSリーダーの登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必ず欲しいものが手に入る!? - 『空白の法則』

overflow_01.png

「どうして、私の願いはかなわないの?」
人間の欲望には限りがありません。私もそんな欲望に支配された一人。

「大きな家に住みたい」
「もっとお金が欲しい」
「やりがいのある仕事につきたい」
「もっと多くの本が読みたい」
「もっと多くの人にブログを読んで欲しい」

しかし、まわりの人がどんどん自分の願いをかなえているのに、私の願いはかないそうにありません。これはとてもショックなことです。

いったいどうすれば願いをかなえることができるの?

スポンサーサイト

ビジネス書を読むと小説の読み方が変わる!?

book_10.png

「ビジネス書って読む意味ある?」
「書いてあることって、当たり前のことやろ」
「そんなヒマがあるなら行動しろって」

先日の飲み会で友人からご指摘いただいた内容です。
しかし、そんな指摘をされた私自身も、数年前までは同じように考えていたひとり。

でもね。ビジネス書を読むことで見えてくるものもあるんですよ。

よくわからない「イライラ」を解消する5つの方法

angry_02.png

「あ~、なんかイライラする!」

今日は朝からイライラしてます。もちろん、男なので「女の子の日」ではありません(笑)

「わかってる!」
「うるさい!」
「早くしろ!」

こんな気持ちで胸がいっぱい。
もちろん、イヤなこともあるけど、この程度ではイライラしないはずなのに・・・。

いったいどうしちゃったの?

特許を出したことのない私が1ヶ月で3件の特許が提出できた!-「アイデアのつくり方」

memo_01.jpg
「企業にとって何よりも大事なのは、新しい生きたアイデアをどう生むかだ」
ピーター・ドラッカー

家電を筆頭に、つくれば売れる時代は終わりました。
そうなると、誰もが新しい「アイデア」を生み出す必要に迫られているのですが、
簡単に思いつくような「アイデア」では、すでに他の人も考えています。

「だからこそ、エンジニアは特許をとってはじめて評価されるんだよ!」

そういえば、
SAMSUNGに転職していったあの人も、
他社から引き抜かれていったあの人も、
多くの特許をとっていました。

しかし、理屈ではわかっていても、実際に「アイデア」を生み出すのは難しい。
そこで、多くの特許をとっている先輩に相談してみることにしました。

4つのステップでサクッとやめない?― 夜食、甘いもの、スナック菓子

cake_05.jpg

「そろそろマジメに食事制限をしてください」
先日の健康診断で、お医者さんから言い渡されたコトバです。

なんとなくわかってましたよ。
だって、1年前と比べたら10kgちかく太ってるんですから(笑)

「最近、カラダが重く感じるなぁ」
「少し走っただけなのに汗でびっしょり」
「考えが思うようにまとまらない」

すべて体重が増えたことが原因です。
でもね。やめられないんですよ。ケーキ、ポテトチップス、ラーメン、コカコーラ。

そんな思いをお医者さんに伝えると、
「だからこそ、習慣を見直して食事制限に励むんです!」
と怒られる始末・・・。

でも、習慣を変えるって、具体的にどうすればいいのさ。

スマートを目指しすぎてない?インパクトを与える生き方へシフトしよう!

impact_02.jpg

電車や繁華街など多くの人がいる中で、めちゃめちゃ目立ってる人っていますよね。

私もつい先日、そんな人に出会いました。
20代、背が高くてオシャレな雰囲気の女性です。

流行の服、スマートフォンで音楽、額縁が太い黄色のサングラス。

「え!!額縁が太い黄色のサングラス!!」

いやー。似合ってなかったんです。これが。
サングラス以外はすごい良い雰囲気なのに。もったいない!!

でも、なぜか記憶には残りまくりです。その日すれ違ったひとは100人以上いたはずなのに・・・。やるな。

転職する前に試してみて!目の前にある仕事で「多くの人に夢や感動を与える方法」

street_02.jpg

「多くの人に夢や感動を与えたい」
そう考えて会社に入ってみたものの、現実とのギャップに悩まされる日々。

「この仕事をして、誰に喜んでもらえるの?」
「こんな仕事ならバイトでもできるし」
「私の存在価値ないじゃん」

そんな気持ちでいるときに、「夢をもちなよ!」なんていわれると、

「わかってるって!でも夢なんて簡単にみつかりっこないよー」

と、批判的な気持ちになってしまいます。
そこで今回は、少し視点を変えて、「目の前にある仕事で多くの人に夢や感動を与える方法」を模索してみたいと思います。

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。